[ 機械 ]

第46回機械工業デザイン賞(19)審査委員会特別賞−三菱電機

(2016/9/1 05:00)

  • タッチパネルを試す開発者の福谷部長(右)と大塚課長

【三菱数値制御装置 M800/M80シリーズ】

薄型化で質感高める

専用の中央演算処理装置(CPU)を開発して従来より高精度、高速の加工を実現した工作機械用コンピューター数値制御(CNC)装置「M800/M80シリーズ」。能力向上だけではなく、「デザインにも力を入れた製品」(福谷武都志NCシステム部長)だ。

例えば表示器部分の厚み。従来機種は20ミリメートルだったが、19インチの液晶パネルを備えるM800Wで14ミリメートル、15インチのM800Sで9・5ミリメートルに抑えた。薄くすることで「工作機械に組み込んだ時の質感が非常に上がる」(同)。

液晶のタッチパネル化が薄型化の難関だった。2本の指でパネル上の図を拡大縮小するといった操作方法のスマートフォン化の波が、今やCNCにも及ぶ。従来もタッチパネルはオプションであったが、1本の指の接触しか検出できないアナログ抵抗膜方式だった。今回はスマホ的な操作を可能にする2点押し対応の静電容量方式を標準搭載にした。液晶モジュールが厚くなるハンディの下でさらなる薄型化の工夫を迫られた。

「液晶モジュールと背面のコントロールユニットの間をどうするかが大変な所だった」と大塚亨NCシステム部NCハードウェア技術課長は振り返る。発熱を抑えて冷却用のフィンを小さくして背面ユニットを薄くする技術面の向上と、液晶を載せる台座の形を工夫して、内部側に液晶モジュールを深く埋め込めるようにする構造面の進化を組み合わせ、薄型化にこぎつけた。

画面デザインにも凝った。使用中の工具は一目で分かるアイコンで示す。また、M800Wは加工中にXYZの各軸がどの座標にあるかを図で表示する。機械の状況を視覚的に理解できるデザインにした。

「工作機械そのものもデザイン性が優れてきている。その工作機械で使ってもらうには、CNCもデザイン性に優れたものが必要」と福谷部長は語る。

デザイン性が差別化の要―。同シリーズのデザインへのこだわりは、この潮流がCNCにも到来したことを示している。

(名古屋・江刈内雅史)

(おわり)

(2016/9/1 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン