[ オピニオン ]

産業春秋/ゴジラと日本の技術力

(2016/9/2 05:00)

リオデジャネイロ五輪閉会式で安倍晋三首相が、ゲームの人気キャラクターに扮(ふん)して次の東京大会をPRした姿が話題を呼んだ。わが国が生んだ映画やゲームの力を、あらためて感じた。

日本を代表するキャラクターのひとつに『ゴジラ』がある。1954年(昭29)公開の映画は、核の惨禍を訴えた作品として知られる。影響を受けたと公言する海外の映画人も多く、これまで日米合わせて30本以上が製作された。

その最新作『シン・ゴジラ』が快進撃を続けている。7月末の劇場公開から1カ月余りで興行収入53億円を突破し、邦画の歴代ランキングでは30位が見えてきた。ちなみに1位はアニメ作品『千と千尋の神隠し』の304億円。

『シン・ゴジラ』では日本のモノづくりが大きな役割を果たす。SF的な秘密兵器ではなく、医薬や化学、特殊車両、鉄道などの技術力を総動員。劇中で主人公の一人が口にした「この国はまだまだやれる」のセリフに、胸が熱くなった。

2020年の東京五輪は、日本が誇るテクノロジーやキャラクター、コンテンツをPRする場にもなるだろう。今後4年間はその制作期間といえる。「日本は、もっとやれる」ことを国民が再確認し、世界を驚かす場にしたい。

(2016/9/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる