[ 科学技術・大学 ]

鹿島技術研、ビル解体時の騒音30分の1に抑制-くさび活用の新工法開発

(2016/9/5 05:00)

鹿島技術研究所(東京都調布市、福田孝晴所長、042・485・1111)は、ビルなどのコンクリート解体時に出る騒音を30分の1―5分の1に抑えるコンクリート基礎の破砕工法を開発した。基礎に穴を開け、くさびを打ち込んでコンクリート塊を砕く。ノミを何度も叩きつけて破砕する「ブレーカ工法」に比べて騒音を大きく抑えられる。都心部のビル解体など、他のビルが隣接した環境で大型基礎を壊す工法に適用していく。

開発した手法は、まず穿孔(せんこう)機で一定間隔の穴を開け、油圧式のくさび破砕装置で穴を広げる。穴と穴を結ぶように亀裂が入るため、圧砕機などで2次破砕し、がれきを取り除く。

2メートル四方のコンクリート基礎の解体では穿孔時に約15デシベル、破砕時に約30デシベル騒音を抑えられた。ブレーカ工法では一貫して90デシベル以上の騒音が発生する。

施工時間は233分と、ブレーカ工法より90分近く短縮した。小型の油圧ショベルで施工ができる。地下部の解体では仮設材が設置されるため、大型重機の投入が難しかった。雑居ビル密集地での解体のような、騒音や振動などの周辺環境への対策が必要な工事に応用していく。

(2016/9/5 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる