[ ロボット ]

首都大、娯楽施設向けロボを開発−立ち姿勢で水面移動

(2016/9/7 05:00)

首都大学東京大学院システムデザイン研究科の武居(たけすえ)直行准教授らは、水上移動ロボット「MINAMO=写真」を開発した。直径1・2メートルの浮輪に四つのスクリューを搭載。立ったまま前後左右など全方向に動ける。両手が使えるため簡単な作業ができる。アミューズメント施設のアトラクションなどに提案する。4年後の実用化を目指す。

水面を立ったまま移動できるよう、重心移動での操作方法を採用した。前後左右と斜め、回転などすべての方向に移動できる。移動速度は毎秒60センチメートル。人が立っていても10センチ―15センチメートル程度の波では転覆しないことを確認している。足元にディスプレーを設置してあり、水中カメラでロボットの真下を映せる。

ロボットの重さは約30キログラムで可搬重量は約100キログラム。ワゴン車に収容できる大きさに設計した。GPSで自動航行も可能。搭乗者は両手が使えるため、水質調査のサンプリングや清掃など簡単な作業ができる。オモチャの銃なども持てるため、水上アトラクションとして提案していく。

(2016/9/7 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる