[ 科学技術・大学 ]

研究所探訪(1)日立・基礎研究センタ、世界最高性能の設備

(2016/9/13 05:00)

  • 世界最高性能のホログラフィー電子顕微鏡(日立提供)

日本企業の研究開発が転換期を迎えている。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など新たなテクノロジーが台頭する一方、製品開発に求められるスピードは以前より格段に早くなった。旧来の自前主義から脱し、大学や研究機関など外部資源と連携するオープンイノベーションも本格化してきた。次世代ビジネスの創出に向け、企業の研究所は今、どう変わろうとしているのか。その姿を追う。

日立製作所は6月、東京大学と京都大学、北海道大学に相次ぎ「共同ラボ」を設置した。従来の産学連携とは異なり、大学内に拠点を設けて計30人の研究者を常駐させ、テーマの選定から協働する。「社会課題の解決」を目的に掲げ、徹底したオープンイノベーションを進める。

日立は2015年に研究開発部門を三つの「センタ」に集約した。これに続く形で事業部門も16年に再編しており、研究開発が全社をリードする形で攻めの改革を続ける。19年には、中央研究所内に新研究棟を設けるという“次の一手”も打ち出した。

三つのセンタのうち、将来のビジネスの芽を育てる探索型の基礎研究を進めるのが、「基礎研究センタ」だ。冒頭のオープンイノベーションを先導するほか、具体的なテーマとして、複雑な社会問題に対して即時に実用解を求める「イジング計算機」や、経営判断を支援するAIなどを開発する。難病を根治する再生医療や簡易がん検査、認知症の検査技術も研究している。

同社は日本最大級の研究者集団を抱え、博士号保持者の数も多い。特に基礎研究はこれまで、じっくりと腰を据えて一意専心に取り組んできた経緯がある。だが現在は、「基礎研究でも積極的に仕掛ける。成果が出たら、応用先が決まる前でも発信し、社会に価値判断を委ねる」(山田真治基礎研究センタ長)姿勢に転じた。意識するのはスピードだ。

同センタは物性研究にも強く、世界最高性能のホログラフィー電子顕微鏡など、優れた装置を多数保有する。これらの装置の利用を外部にオープン化する試みを近く始める。山田センタ長は「自社の“お宝”を囲わずに、社外の一流の研究者に使ってもらえば、新たな価値創造に結びつく」と期待する。

社会課題の解決に、オープンイノベーションの深化で挑もうとする同センタ。まずはいち早くスタートを切り、走りながら柔軟にフォームを変えていく戦略だ。

(藤木信穂)

(火曜日に掲載)

▽主な所在地=埼玉県鳩山町赤沼2520番地▽電話=049・296・6111▽主要研究テーマ=AI、再生医療、電子顕微鏡、脳科学、エネルギー▽研究者数=100人強

(2016/9/13 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる