[ 科学技術・大学 ]

東京医科歯科大と大日印、骨再生速度2倍の細胞シート−印刷技術から細胞積層化

(2016/9/15 05:00)

  • マウス頭蓋骨の欠損部に細胞シートを移植した実験の比較データ。上段はヒト由来の歯根膜幹細胞の単層シート、中段はヒト由来の骨芽細胞の単層シート、下段は両細胞の積層シート。積層シートは単層シートより移植後の骨の再生が約2倍に(東京医科歯科大提供)

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の岩崎剣吾講師、森田育男理事らは、大日本印刷などと共同で、印刷の多色刷りの技術を応用して積層構造の細胞シートを作る手法を開発した。歯の周辺組織を作る歯根膜幹細胞と、骨を作る骨芽細胞の2種類を積層。マウスの頭蓋骨の欠損部にシートを移植したところ、単層シートと比べて、移植後の骨の再生が2倍の速さで進んだ。

同大学生体材料工学研究所の岸田晶夫教授らとの共同研究。最大3種類の細胞を積層できる。歯周病で損傷した歯の周辺組織の再生や、血管の再建などへの応用を見込む。

同手法は、半導体製造で使う光リソグラフィー技術を応用。ガラス基板上に複数種の細胞を積層化し、細胞シートの土台となる羊膜に転写する。

今回の研究は、ヒトの出産時に排出された羊膜を使った。細胞シートの土台とするため、羊膜の組織から細胞を除去する「脱細胞化」の加工をした。移植後の拒絶反応の原因となる細胞を除き、細胞周辺の骨組みだけの状態にした羊膜を細胞シートの土台に使った。成果は14日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

(2016/9/15 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン