[ 科学技術・大学 ]

日本人ノーベル賞有力候補、本庶氏(京大客員教授)ら3人−トムソン・ロイター予想

(2016/9/22 05:00)

  • 本庶氏

  • 前田氏

  • 松村氏

米調査会社のトムソン・ロイター(ニューヨーク市)は21日、学術論文の被引用数などを基に同社が予想するノーベル賞受賞の有力候補者として24人を発表した。日本人では生理学医学分野で京都大学の本庶佑客員教授(74)、化学分野で崇城大学DDS研究所の前田浩特任教授(77、熊本大学名誉教授)と国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野の松村保広分野長(61)の3人を選出した。

本庶氏のテーマは「プログラム細胞死1(PD―1)およびその経路の解明により、がん免疫療法の発展に貢献」。前田氏と松村氏は「がん治療における高分子薬物の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果の発見」の功績で選ばれた。

同社選定のノーベル賞有力候補者は生理学医学、物理学、化学、経済学の4分野が対象。各分野ごとに同社の学術文献・引用データベースから、被引用数が上位0・1%に入る論文を選び、独自性や影響力、受賞歴などを分析して決める。

同社がこれまでに選出した日本人の有力候補者は計21人。15年は生理学医学分野で京都大学大学院理学研究科の森和俊教授と、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文教授の2人を選んだ。過去の日本人有力候補者の中には、12年にノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥氏や、14年に同物理学賞を受賞した中村修二氏がいる。

(2016/9/22 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる