[ オピニオン ]

社説/大隅氏に生理学医学賞−信じる道を貫き、栄誉ある単独受賞

(2016/10/4 05:00)

オートファジーの研究により、東京工業大学フロンティア研究機構の大隅良典栄誉教授(71歳)のノーベル生理学医学賞受賞が決まった。まずは大隅氏にお祝いを申し上げたい。これで日本人の受賞は3年連続。生理学医学賞の受賞は大村智氏に続いて2年連続となる。また文学賞を除いた日本人の単独受賞は、1949年の湯川秀樹氏(物理学賞)、87年の利根川進氏(生理学医学賞)以来、3人目という栄誉だ。

オートファジーは自食作用という機能。大隅氏は、飢餓状態の細胞が飢餓を乗り切るために自らの細胞の一部を分解し、栄養源とするオートファジー機能を世界で初めて確認し、さらにそのメカニズムや関連する遺伝子を次々と明らかにした。

大隅氏の研究対象は当初、酵母だったが、その後、オートファジーは植物から人まであらゆる動植物に共通する細胞の機能であることを突き止めた。

オートファジー研究は1990年代までは年数本の論文が発表される程度だったが、近年は年数千本に増えている。オートファジーの機能不全による神経変異性疾患、細胞内に異常たんぱく質が蓄積する疾患など人の病気との関係も報告されている。また、がん細胞のオートファジー機能を阻害することによる治験例もある。

近年は大隅氏門下の東京大学医学系研究科の水島昇教授が、オートファジーが異常たんぱく質を分解浄化することや受精時にも欠かせないことなど多数の研究成果を上げている。

大隅氏はかつてインタビューで「科学の道を志すのであれば、人がまだやっていないこと、そして自分が心底面白いと思えることをやってほしい。研究テーマが自分にとって魅力的で面白いものでさえあれば、たとえ一時期不遇であっても、苦しさは必ず乗り越えることができます」と語っている。

若手研究者はこの言葉のように自分の信じる研究に邁進(まいしん)してほしい。また多くの少年少女が科学研究に興味を持ち、「知の大競争時代」をリードする研究者に育つことを期待したい。

(2016/10/4 05:00)

関連リンク

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる