[ オピニオン ]

産業春秋/ノーベル賞「単独受賞」

(2016/10/4 05:00)

毎年のように日本人のノーベル賞受賞が報じられるようになったが、その中でも格別の栄誉を感じる。東京工業大学の大隅良典栄誉教授の生理学医学賞受賞は、自然科学分野で日本人3人目の単独受賞だ。

ノーベル賞の中でも文学賞は、その性格からして共同受賞はない。過去の川端康成氏も大江健三郎氏も単独だ。平和賞は年にもよるが、国連関連の機関や国境なき医師団など、組織での受賞が珍しくない。

自然科学3賞と経済学賞は最大3人までの共同受賞が可能。近年は国際共同研究の進展もあり、ひとつの業績を複数の研究者で分け合うのが普通になっている。事前の大隅さんに関する予想でも、何人かの名が挙がっていた。

結果的に単独となったのは、それだけ「オートファジー」の発見に対する貢献度がずばぬけていると評価されたためだ。自然科学3賞のうち、生理学医学賞は最も日本人受賞者が少ないが、今後は利根川進氏(1987年)と大隅さんという2人の単独受賞者を誇ることができる。

さて今夜は物理学賞、5日は化学賞。単独とはいかずとも、日本人研究者の業績が高く評価されることを切に祈る。同じ年の3賞すべてに日本人が名を連ねたことは、いまだかつてない。

(2016/10/4 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる