[ 医療・健康・食品 ]

シンクランドが皮膚内で溶ける無痛針-インスリン注入用、千葉大の技術活用

(2016/10/13 05:00)

  • マイクロニードルが形成された対象物

【横浜】シンクランド(横浜市鶴見区、宮地邦男社長、045・633・4082)は、2017年9月めどに糖尿病治療で使うインスリン注入用のマイクロニードル(シート型微細針)を製品化する。千葉大学と北海道大学がもつ「光渦レーザー」加工技術を独占的に使い、外径100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)と微細な針が林立したシートを製造する。生体吸収性材料を使い、皮膚内で溶ける「無痛針」として実用化を目指す。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が初期段階の研究開発型ベンチャーを支援する「シード期の研究開発型ベンチャー支援制度」に8月に採択され、研究開発を加速する。

マイクロニードルは、粉末状のヒアルロン酸ナトリウムやコラーゲンを水に溶かしてシート状にする。光渦レーザーの照射で微小な針を形成し、さらに別のレーザー光源を当てインスリンなどを注入する穴を設け針の中を中空型にする。従来の加工技術に比べ、量産に適しているという。

同社は千葉大大学院の尾松孝茂教授とマイクロニードル技術の確立に向けて共同研究しており、今回の製品開発もその一環。

(2016/10/13 05:00)

関連リンク

ヘルスケアのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる