[ ロボット ]

山形大など、球状歯車機構を開発−2つの回転軸を一体化(動画あり)

(2016/10/28 05:00)

  • 2方向回転球状歯車のカメラモジュール試作機

山形大学大学院理工学研究科の多田隈理一郎准教授とNECエンベデッドプロダクツ(東京都港区)は共同で、2方向に回転できる球状歯車機構を開発した。回転機構を二つ組み合わせると回転中心がずれたり、装置が大型化したりしてしまう。二つの回転軸を一体化でき、小型軽量化につながる。自動車のミラーやカメラなどに提案。1―2年での実用化を目指す。

球の表面に同心円状に歯車を刻んだ内核歯車と球の内側に歯車を刻んだ外殻歯車を組み合わせた。内核と外殻をそれぞれ小さな歯車でかみ合わせて力を伝達する。歯車は滑らないため、摩擦で力を伝える機構に比べて精密に動かせる。また力の損失も少ない。

この球状歯車機構にカメラを搭載した試作機を開発した。カメラが首振り角54度の範囲で自由に動くことを確認した。原理的には270度の可動域を設計できる。

球状歯車機構は回転軸を二つ組み合わせるよりも剛性が高く、強い力で精密に動く用途に向く。ロボットの手首や重いカメラの駆動機構などに提案していく。

(2016/10/28 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる