[ 科学技術・大学 ]

山形大、3Dゲルプリンター事業化へVB設立

(2016/11/17 05:00)

  • 高強度ゲルで作製したギア(山形大提供)

山形大学学術研究院の古川英光教授、川上勝准教授らは、3Dゲルプリンターの大学発ベンチャー「ディライトマター」を設立したと発表した。高強度ゲルを材料に、コンピューター利用設計(CAD)データと組み合わせて部材を作製する。柔らかく安全性の高い介護・家事ロボット外装部や、眼内レンズ、血管、軟骨など人工臓器への応用が可能で、顧客ニーズに合わせた試作開発を手がける。

ゲルは一般に強度が弱く加工が難しい欠点がある。古川教授らが開発してきたゲルは高強度の複合材料で、元の6―7倍に伸びるタイプや形状記憶タイプもある。CADデータに基づいたゲル硬化で、複雑な微細構造にも対応できる。専用プリンターやゲルインクもそろえた。

同社の所在地は山形大工学部国際事業化研究センター(山形県米沢市)内。設立は11月1日付。資本金410万円で、社長の中村昇太氏と2教員が出資した。同大発ベンチャーは14社目。

(2016/11/17 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン