[ オピニオン ]

産業春秋/北方領土の可能性

(2016/11/17 05:00)

12月のロシア大統領来日で、北方領土問題が前進するとの観測が浮上している。4島一括返還を求める原則は変わらないとして、1956年の日ソ共同宣言に基づき、色丹島・歯舞諸島の返還が現実味を帯びるかもしれない。

どんな経済効果が生まれるか、想像くらいは許されよう。面積はわずかだが、周辺海域も加えれば相当のポテンシャルがある。水産物に海底資源。豊かな大自然は観光にも適する。

色丹島だけで港湾や道路などのインフラ投資に5000億円が投入されるとの試算もある。大地震や大津波に襲われる地域なので、防潮堤など災害対策も欠かせない。

日ロ共同で開発が進むはずなので、ロシアの豊富な資源と日本の先進技術も生かされよう。サハリン産の液化天然ガス(LNG)と日本の水素エネルギー技術を融合し、LNG由来の水素タウンを形成。島内は燃料電池車に限定し、豊かな自然を守る手もある。

地理的にカナダ西海岸やアラスカに近いという利点もある。両地域ではLNGプロジェクトが多数走っている。将来はロシア産も含め、ここをLNGのハブにしたら面白い。ガスパイプライン建設も長年の懸案だ。やり方次第で、日本経済の起爆剤になる可能性を秘めている。

(2016/11/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる