[ 自動車・輸送機 ]

トヨタが2000cc新エンジン 次期カローラに搭載、19年に投入

(2016/11/21 05:00)

トヨタ自動車は2019年に、新型の排気量2000ccガソリンエンジンを投入する。新設計思想「TNGA」に基づき開発し、世界最量販車「カローラ」次期モデルなどに搭載。日米欧など世界で年間100万基規模の生産体制を整える。投資額は数百億円の見込み。新型エンジンの展開で電動化車両だけでなく、ガソリン車の競争力も高める。

TNGAエンジンでは17年初に生産を始める同2500ccに次ぐ第2弾。生産数は第1弾のエンジンに比べ、倍程度の規模になる。

新型エンジンは直列4気筒エンジン「AR型」の後継。「当初想定より性能が高くなった」(トヨタ幹部)とし、現行エンジンで言えば同2500cc相当のパワーが出るという。19年投入予定の次期カローラやセダン「カムリ」次期モデルの一部グレードをはじめ、トヨタのさまざまな量販モデルに搭載する。

上郷工場(愛知県豊田市)から生産を開始。海外では公表済みのポーランドの...

(残り:365文字/本文:765文字)

(2016/11/21 05:00)

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン