[ トピックス ]

【熊本地震】地下水のヘリウム、地殻の歪みで増加−東大が評価

(2016/11/30 05:00)

東京大学大気海洋研究所の佐野有司教授らは、地震による地殻の歪みが大きいほど、地下水に含まれるヘリウムが多くなると明らかにした。4月に発生した熊本地震の震源地付近の地下水が含むヘリウムの量は、地震発生前と比べて多くなっていた。ヘリウムの変化を、地殻の歪みと関連づけて評価したのは初めてとなる。

京都大学、熊本大学、東北大学との共同研究。成果は29日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

研究グループは熊本地震の発生2週間後、震源域にある深さ280―1300メートルの井戸7カ所から地下水を採取。水中の気体成分を、同じ井戸から別の研究グループが2010年8月に採取していたデータと比較した。

すると、地震による地殻のゆがみが大きいほど、岩石から水中へ多くのヘリウムが放出されていた。帯水層の岩石が地震により破壊され、岩石中のヘリウムが地下水に流出したと考えられるという。

地下水が含むヘリウムを定期的に観測すれば、防災に役立てられる可能性がある。

(2016/11/30 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる