[ 政治・経済 ]

「プレミアムフライデー」、来年2月に実施−推進協議会、観光・買い物を盛り上げ

(2016/12/13 05:00)

  • プレミアムフライデーの統一ロゴマーク

経済産業省は12日、月末の金曜の終業時間を早める官民連携の取り組み「プレミアムフライデー」の推進協議会を都内で初開催し、プレミアムフライデーの第1回を2017年2月24日に実施する方針を決めた。2回目以降も月末の金曜を軸に実施していく。米国の大規模バーゲン「ブラックフライデー」などとは異なり、安売りを基本とするのではなく、イベントなどで観光や買い物などの機運を盛り上げる。

協議会には、経済団体などの代表が出席した。イベントの実施日については、金曜を軸に金曜から日曜までの3日間に実施するなど、各企業や団体が柔軟に設定するようにした。実施にあたり、自由に使える統一ロゴマークを無償で提供し、業界間の連携などで、全国的な認知度向上を目指す。

安売り一辺倒を避け、「良いモノやサービスに気付くきっかけを作り、対価を払ってもらうことで、経済の循環に結びつける」(経産省)考え。地域コミュニティーの形成や、ゆとりある生活スタイルの実現も目指す。

一方、終業時間の前倒しに関しては、月末に忙しくなる企業や職種もあることから、実現が難しいという声も上がっている。経団連はフレックスタイム(自由勤務時間制)などとも連動し、15時までの退社などを、会員企業に働きかける方針だ。

プレミアムフライデーの受け皿となる小売業なども、人手確保などについて検討している。

(2016/12/13 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン