[ エレクトロニクス ]

ルネサス、車載半導体の後工程を3割増強 自動運転需要に対応

(2016/12/20 05:00)

  • 後工程を増強(熊本県錦町の生産拠点)

ルネサスエレクトロニクスは2017年12月期に、自動車用半導体の生産能力を増強する。国内外の拠点で後工程の生産能力を現状比2―3割引き上げる。投資額は計300億―400億円規模になるとみられる。自動運転の普及で進展する車載半導体の需要増に対応する。ルネサスは13年以来、生産拠点の縮小や生産委託を進めてきたが、16年3月期に生産基盤の再強化に転じた。17年も継続し、成長戦略を加速する。

17年12月期の売上高に対する設備投資比率は10%以上になる見通し。そのうち半分以上を後工程(組み立て・検査)の能力増強に投じる。生産子会社の錦工場(熊本県錦町)、大分工場(大分県中津市)、米沢工場(山形県米沢市)に加え、マレーシアなど海外拠点で、ラインの増設や設備更新を進める。

先端半導体において、ウエハーに微細回路を形成する前工程はより大規模な設備投資が必要なため、ルネサスは外部への生産委託比率を高めている。一方、後工程はカスタマイズや高品質が要求されるため内製が多い。

足元では自動ブレーキといった安全運転支援システム(ADAS)の普及に伴い、自動車を制御する車載マイコンなどの需要が好調。16年3月期から全社設備投資額は大幅に増加し、600億円を超える設立以来の高水準で推移している。

呉文精社長兼最高経営責任者(CEO)は「自動運転技術の発展により(構造改革を主軸とした)変革プランの策定時よりも相当強い需要がある」と、生産能力増強を決めた。

一方、中長期的には売上高に対する設備投資比率を、5%程度で維持する方針だ。今後は後工程の生産委託先への技術指導を進め、委託先も含めて生産能力を引き上げる。

(2016/12/20 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる