[ オピニオン ]

産業春秋/宇宙ビジネスの可能性

(2016/12/20 05:00)

科学技術の発展はさまざまなものを小型化した。半導体やセンサーはもちろん、宇宙開発にも成果が広がっている。

宇宙航空研究開発機構の固体燃料ロケット「イプシロン」が今夜、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられる。2013年の試験機成功を受けた強化型初号機。地球付近の高エネルギー粒子を調べる科学衛星「エルグ」を積む。今後は50キログラム以下の超小型衛星の打ち上げ計画もある。

米国には小型衛星などを利用したベンチャー企業が1000社程度あるとされ、宇宙産業が盛り上がっている。日本では超小型衛星ビジネスを手がけるアクセルスペース(東京都千代田区)などがあるが宇宙ベンチャーの知名度は低い。

11月に人工衛星の打ち上げや管理に関する「宇宙活動法」が成立し、国もようやく宇宙ビジネス整備に本格的に取り組み始めた。チャンスはこれからだ。

ギリシャ文字のE(イプシロン)は数学の世界では「非常に小さな数」を表す。イプシロンロケットは主力ロケット「H2A」よりずっと小型で安価だが、これを使って打ち上げる小型衛星の可能性は決して小さくはない。無事に宇宙空間に達し、「山椒(さんしょう)は小粒でもピリリと辛い」を実践してもらいたい。

(2016/12/20 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる