[ エレクトロニクス ]

ズームアップ/日立、米ファンドに日立工機売却へ−中核事業に集中

(2016/12/29 05:00)

日立製作所は電動工具を手がける日立工機について、投資ファンドの米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却する方向で最終調整に入った。売却額は1500億円を超えるとみられる。2017年1月にも正式に合意する。日立製作所は売却によりインフラ分野などの中核事業に集中する。日立工機としては、KKRの傘下に入ることで海外への販路拡大などが期待できそうだ。

日立工機は日立グループが5割超の株式を保有する。日立製作所は同株の売却について、KKRに優先交渉権を与える方向で調整している。KKRはTOB(株式公開買い付け)を行い、日立工機の全株取得を目指すとみられる。

日立工機は日本・米国・欧州事業を強化しており、15年度には欧州に販路を持つ工具大手の独メタボを買収。世界シェアを4位に伸ばした。一方、米ブラック・アンド・デッカーやマキタ、独ボッシュという世界3大メーカーの背中は、まだ遠い。KKRの傘下入りは海外での販路拡大や新たな企業との連携などが見込めることから、先行する3社との差を縮める契機になりそうだ。

KKRはアジアの中で日本に重点を置いて投資している。14年にパナソニックのヘルスケア事業、15年にパイオニアのDJ機器事業を買収。11月には日産自動車傘下の部品メーカーであるカルソニックカンセイの買収を発表した。

(2016/12/29 05:00)

関連リンク

電機・電子部品・情報・通信のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる