[ ICT ]

富士通、SE業務をAI化 SIコスト低減と熟練者のノウハウ共有

(2016/12/29 05:00)

富士通はシステムエンジニア(SE)が担う広範な業務を人工知能(AI)で自動化するプロジェクトに着手する。同社は2万人規模と国内最大のSE集団を抱えるが、人海戦術に頼るSE業務をAIで一部代替し、人数を増やさずに生産性を高める手法を確立する。AI化した熟練SEのノウハウや自動化の仕組みをリモートで共有する「AIソリューションセンター(仮称)」の設置も検討中。これにより収益の源泉であるシステム構築(SI)事業の競争力を高める。

プログラムのバグ(不具合)取りや自動生成などのツールは市販されているが、熟練者でしかできない知的作業など広範なSE業務をAIに置き換える試みは業界初となる。手始めにシステムの要件定義や不採算案件の監査、トラブル発生頻度の予測など10個程度の業務を対象に、どこまで自動化できるかを検証する。

検討中のAIソリューションセンター構想では、人手を介さずに機械的に処理でき...

(残り:360文字/本文:760文字)

(2016/12/29 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン