[ 科学技術・大学 ]

30億光年先の銀河から謎の電波−国際チーム、発生場所を特定

(2017/1/6 05:00)

  • 強い電波が一瞬届く「高速電波バースト」を電波望遠鏡群で観測し、発生場所の約30億光年先の矮小銀河を突き止める想像図(米カリフォルニア大、ダニエル・フッツェラー氏提供)

電波望遠鏡で一瞬だけ強い電波を観測する謎の現象「高速電波バースト(FRB)」について、米国立電波天文台などの国際チームは、その一つの発生場所がぎょしゃ座の方向に約30億光年離れた矮小(わいしょう)銀河だったと発表した。論文が5日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

FRBは2007年に発見されたが、電波が1000分の数秒しか届かず、発生場所を絞り込めた例が少ない。ぎょしゃ座のFRBは12年に見つかり、例外的にその後も繰り返し電波を発したため、世界各地の電波望遠鏡で位置を正確に突き止め、米ハワイにある大型光学望遠鏡による観測で矮小銀河と特定した。

発生源は、巨星が寿命を迎えて超新星爆発を起こした後に残る中性子星か、銀河の中心にある超大質量ブラックホールの周辺から噴出するジェットが有力候補と考えられる。この矮小銀河からは別の弱い電波も継続的に届いており、発生源が同一かどうかが、解明する手掛かりになるという。

(2017/1/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる