[ エレクトロニクス ]

日本航空電子、車載向け曲面タッチパネル量産-今夏から昭島で

(2017/1/9 05:00)

  • 今夏から量産を始める車載向け曲面タッチパネル

日本航空電子工業は2017年夏をめどに車載向け曲面タッチパネルの量産を始める。光が反射しても見やすい高感度のパネル用フィルムセンサーを開発、すでに大手自動車メーカーから受注した。昭島事業所(東京都昭島市)で生産する。既存製品のラインアップも拡充。これらの新製品投入などでパネル事業の売上高を20年度までに15年度比約20%増の100億円に引き上げる方針だ。

車載用静電タッチパネルは同社のパネル事業の主力製品で、世界トップシェアを誇る。近年、車載用パネルは扱う情報量が増え、大型化が進んでいる。自動車の平面部分はそれほど多くなく、パネルの大型化には曲面化が必須になる。

競合他社も大型化の対応を進めているが、さまざまな角度から見た場合の視認性の低下や光で反射して見えないなどの課題があった。日本航空電子は酸化インジウムスズ(ITO)を使わない高感度のフィルムセンサーを開発。17年夏までにフィルムセンサーの生産体制を整え、同センサーを用いた車載用曲面タッチパネルの量産を始める。

車載用タッチパネルは後部座席をはじめ、これまでとは異なる場所に設置され、1台当たりの採用数が増えている。同社は後部座席周辺やドアなど設置場所に合わせて、違和感のないデザインを提案していく。

曲面化と並行して既存製品のラインアップも、2倍に増やす。17年3月までに制御回路を付けない安価なタイプや全面透明タイプなどを加える計画だ。

(2017/1/9 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる