[ 機械 ]

髪の毛の太さほどの金属サイコロ作製-入曽精密がMC加工で

(2017/1/10 05:00)

【川越】入曽精密(埼玉県入間市、斎藤清和社長、04・2934・4633)はマシニングセンター(MC)を用い、100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)角の真ちゅう製サイコロ(写真)の加工に成功した。自社開発の2本アーム式装置や治具によって、直径20マイクロメートルのエンドミルを0・1マイクロメートル単位で制御して加工した。高精度な微細加工の技術をアピールし、医療機器部品の受注などにつなげる。

アーム式装置「マイクロ・パーツ・ハンドリング・システム(MPHS)」は大きさ0・1ミリメートルクラスの微細部品の組み立てや搬送を行うために自社開発した。

サイコロの1面に、長さ0・1マイクロメートル、深さ0・08マイクロメートルの切削痕を約10万個設けた。加工時間は約1時間。

真ちゅう以外にもアルミニウムやステンレス、チタンでも加工できる。斎藤社長は「製作の構想段階から約4カ月かけて実現した。加工時間は30分まで短縮可能」としている。

(2017/1/10 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる