INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ロボット ]

日本電産、ピッキング向け移動作業用ロボ 重さ85kgまで持ち運び

(2017/1/12 05:00)

  • 日本電産が開発した移動作業用ロボット

日本電産は無人搬送車「S―CART」と6軸ロボットアームを組み合わせた移動作業用ロボットを開発した。85キログラム以下の荷物などをつかんで搬送できる。物流倉庫内のピッキング作業など軽作業への利用を想定し、顧客に提案を始めた。無人搬送車をベースとする産業用ロボットのラインアップを拡充し、2020年までに売上高300億円規模の事業とする。

無人搬送車は100キログラムまでの荷物を搬送できる。電池駆動式で1時間の充電で8時間の駆動が可能。レーザーセンサーで障害物を回避しながら登録した経路を移動できる。倉庫内に磁気テープを使った経路を設置しなくて良いため、導入時や作業変更時の作業が容易になる。ロボットアームなどと組み合わせるとパレット搬送だけでなく、ピッキングなど作業の幅が広がる。

無人搬送車とロボットアームはそれぞれ別のグループ会社の商材で、無人搬送車単独の売上高目標は17年度5億円。今後、グループ内のさまざまな部品やデバイスを組み合わせたモジュール型製品を増やし、事業規模を拡大する計画だ。

(2017/1/12 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>CAEを使いこなすために必要な基礎工学!
現場技術者の構造解析、熱伝導解析、樹脂流動解析活用ノウハウ

<解析塾秘伝>CAEを使いこなすために必要な基礎工学! 現場技術者の構造解析、熱伝導解析、樹脂流動解析活用ノウハウ

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題
<解答と解説>

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題 <解答と解説>

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成29年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

図面って、どない描くねん!LEVEL2 第2版
はじめての幾何公差設計法(GD&T)

図面って、どない描くねん!LEVEL2 第2版 はじめての幾何公差設計法(GD&T)

小型貫流ボイラのトラブル対策
―現場で起きた故障事例と対処法―

小型貫流ボイラのトラブル対策 ―現場で起きた故障事例と対処法―

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい人工知能の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい人工知能の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン