[ ロボット ]

今年の産ロボ出荷、7%増の7500億円-ロボット工業会

(2017/1/12 05:00)

日本ロボット工業会は、2017年の産業用ロボット総出荷額目標を16年見込み比約7%増の7500億円とした。中国や欧米での需要拡大や為替環境の好転などを踏まえ、06年に記録した過去最高額を上回る額を設定。稲葉善治会長(ファナック会長)は「為替が安定してきた。この状態が続けばだいぶ良くなる」と説明した。

17年は前年に続き外需の拡大が続く見通し。中国では自動化投資の加速、欧米では第4次産業革命、製造業回帰といった流れに伴う需要増が期待される。国内市場も堅調に推移しており、為替が極端な円高に振れなければ08年秋のリーマン・ショック前を超える高みに到達しそうだ。

懸念事項は米新政権が打ち出す施策。ただ「米国内で投資が増えることは日本のロボット産業にとって良いこと」(ロボットメーカー幹部)と楽観視する声が多い。

16年の総出荷額は7000億円をやや上回る見込み。為替の影響が逆風となり、目標とし...

(残り:22文字/本文:422文字)

(2017/1/12 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン