[ ICT ]

VRで生産ライン検証、東洋ビジネスエンジが人の作業性再現

(2017/1/20 05:00)

東洋ビジネスエンジニアリングは、VR(仮想現実)技術とモーションセンサーを活用し、VR空間で人の動きを検証できるシステムを開発した。工場や生産設備、生産ラインを新設する際に、設計段階で操作性や作業性のシミュレーション・評価が可能になる。設計品質向上や開発コストの削減、開発時間の短縮を支援する。価格は1000万円以下を想定し、今秋までに製品化する予定。

VR対応のヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)を着用し、CADデータから仮想空間に再現した作業場所などを体感する(写真)。同時にモーションセンサーで動作・姿勢を計測し、そのデータと合わせて記録・再生できる。

これまでのVRは視点だけだが、モーションセンサーを組み合わせることで腕の角度など体の全体の動きを把握できる。シミュレーションの状態は、HMDを装着した検証者の視点と全体の俯瞰(ふかん)的な視点で確かめられる。

専用ソフトウエアと...

(残り:147文字/本文:547文字)

(2017/1/20 05:00)

PR

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

わかる!使える!接着入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!接着入門 <基礎知識><段取り><実作業>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン