[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】三菱重工、MRJ納入を2年延期へ 

(2017/1/20 19:00)

三菱重工業が開発している国産初の小型ジェット旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)の航空会社への納入時期が、現行計画の2018年半ばから20年半ばに2年延期されることが、20日分かった。納期の延期は5回目となる。機体を制御する電子機器の配置の見直しなど設計変更が必要となったため。今後の受注などへの影響が懸念され、同社の経営戦略に大きな痛手となりそうだ。

三菱重工は23日、今後の開発体制やスケジュールを発表する。

 MRJの開発は子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が手掛ける。当初は13年に全日本空輸に初号機を納入する計画だったが、納期の変更を繰り返してきた。テロ対策での安全基準厳格化への対応に苦慮しており、今回も設計変更で商業運航の前提となる型式証明の取得が遅れると判断した。

三菱重工は16年11月に宮永俊一社長直轄の組織を発足させて、開発スケジュールなどを見直してきた。5回目の納期変更を受けて、開発体制も大幅に強化し、可能な限り納期の前倒しを図る方針だ。

MRJは15年11月、初飛行に成功した。約半世紀ぶりの国産旅客機として注目されている。

(2017/1/20 19:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン