[ 科学技術・大学 ]

そううつ発症、脂質代謝遺伝子が関連−藤田保健衛生大など解明、予防・治療法に道

(2017/1/25 05:00)

【名古屋】藤田保健衛生大学の岩田仲生教授らは、脂質代謝に影響する遺伝子「FADS遺伝子」がそううつ病(双極性障害)発症に関連すると明らかにした。日本人が対象の大規模な全遺伝情報(ゲノム)解析により、この遺伝子中の特定配列(SNP)を持つ人は持たない人に比べ、そううつ病に1・18倍かかりやすいという。そううつ病と脂質代謝異常の遺伝的リスクは共通する可能性があり、予防・治療法や新薬開発につながると期待される。

藤田保健衛生大や理化学研究所、東京大学、大阪大学など全国32の大学・施設・研究チームによる共同研究。日本人サンプルでは最大規模となるそううつ病患者約3000人と、そううつ病でない約6万2000人を対象に、ゲノム解析を行った。成果は24日の国際科学誌「モレキュラー・サイキアトリー」電子版に掲載された。

FADS遺伝子は11番染色体にあり、コレステロールや不飽和脂肪酸の代謝と関係する。コレステロールや中性脂肪、魚などに含まれるオメガ3不飽和脂肪酸、ベニバナ油などに含まれるオメガ6不飽和脂肪酸など、脂質の血中濃度と強く関連すると知られる。

仮に脂質代謝異常がそううつ病の原因となっていることが分かれば、食事療法などを通じて発症を予防することも可能となる。

また、白色人種が対象のそううつ病に関する研究でも、疾患発症に関わる可能性がある遺伝子が見つかっている。この研究と今回の研究の結果を分析したところ、FADS遺伝子とは別に、そううつ病発症に関わる可能性を持つ遺伝子が新たに一つ見つかった。さらに三つの遺伝子が発症に関わる可能性があることを強く示唆する結果も得られた。

そううつ病はそう状態とうつ状態を繰り返す一般的な精神疾患。遺伝的要因が関与するとみられるが、原因は解明されていない。

(2017/1/25 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる