[ 医療・健康・食品 ]

東大、AIで薬の副作用判別する技術−iPS細胞使い精度検証

(2017/2/8 05:00)

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らは、抗アレルギー薬や抗生物質などの薬剤が副作用でけいれんを引き起こすか判別する人工知能(AI)技術を開発した。14種類の薬剤をマウスの脳切片に投与して神経細胞の電位変化を計測し、機械学習で判別基準を作成した。人為的なバイアスのかからない解析手法としている。今後、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から分化させた神経細胞に適応し判別精度を高める。

脳切片の局所電位変化を計測し、そのデータを4096次元のベクトルデータに変換し機械学習にかけた。けいれん誘発物質5種類と非けいれん誘発物質9種類で判別するための基準を求めた。別の2種類の薬剤を投与したところ誘発性を正しく予測できた。

16種類の薬剤は抗うつ薬や紅茶成分など、作用メカニズムの違うものを選んだ。今後、試験する薬の種類を増やし、ヒト由来の細胞で検証することで信頼性を高める。ヒトでの臨床試験へ進むか判断する副作用評価の基準を目指す。

(2017/2/8 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる