INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 機械 ]

DMG森精機の17年12月期予想、営業益が前期比11倍の220億円に

(2017/2/11 05:00)

DMG森精機が10日発表した2017年12月期連結業績予想(国際会計基準)は、工作機械の受注増や前期の構造改革費用がなくなることなどで、営業利益が前期比11・2倍の220億円になる。売上高は同0・9%増の3800億円と横ばいを見通す。16年12月期の営業利益は19億円だったが、日本の会計基準では約130億円相当だった。

16年12月期に実施した日本、欧州、中国の工場閉鎖や非中核事業の撤退などの構造改革の結果、営業利益段階で約100億円のプラス効果を見込む。米国現地法人は16年10ー12月期に黒字転換し、17年12月期は黒字を計画した。

所在地別の需要予想は日本、南米、中国が上向き、欧州、北米は中程度以上の水準で横ばいとした。売上高予想は為替変動を読みにくいため、微増にとどめた。森雅彦社長は、日本勢の17年受注高が、「当初1兆2500億円と思ったが、今は1兆3000億円くらいに少し強気にみている」と、市況が上振れるとみている。

(2017/2/11 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

IoTで変わるのは製造業だけじゃない
農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

IoTで変わるのは製造業だけじゃない 農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

デンソーから学んだ本当の「なぜなぜ分析」

デンソーから学んだ本当の「なぜなぜ分析」

シッカリ学べる!「光学設計」の基礎知識

シッカリ学べる!「光学設計」の基礎知識

未来の科学者との対話15
第15回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話15 第15回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第7版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第7版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン