[ 機械 ]

DMG森精機の17年12月期予想、営業益が前期比11倍の220億円に

(2017/2/11 05:00)

DMG森精機が10日発表した2017年12月期連結業績予想(国際会計基準)は、工作機械の受注増や前期の構造改革費用がなくなることなどで、営業利益が前期比11・2倍の220億円になる。売上高は同0・9%増の3800億円と横ばいを見通す。16年12月期の営業利益は19億円だったが、日本の会計基準では約130億円相当だった。

16年12月期に実施した日本、欧州、中国の工場閉鎖や非中核事業の撤退などの構造改革の結果、営業利益段階で約100億円のプラス効果を見込む。米国現地法人は16年10ー12月期に黒字転換し、17年12月期は黒字を計画した。

所在地別の需要予想は日本、南米、中国が上向き、欧州、北米は中程度以上の水準で横ばいとした。売上高予想は為替変動を読みにくいため、微増にとどめた。森雅彦社長は、日本勢の17年受注高が、「当初1兆2500億円と思ったが、今は1兆3000億円くらいに少し強気にみている」と、市況が上振れるとみている。

(2017/2/11 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3
信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3 信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン