[ オピニオン ]

産業春秋/春のをどり

(2017/2/16 05:00)

京都の花街は風物詩のひとつである「春のをどり」公演の準備に余念がない。中でも今年は「都をどり」が気にかかる。会場の祇園甲部歌舞練場が耐震工事のため、京都芸術劇場春秋座に変更になるからだ。

通い始めてかれこれ十数年。4月の楽しみなイベントだが会場変更は初めて。日頃の稽古の成果を披露する芸舞妓(げいまいこ)の艶やかさはもちろん、そぞろ歩く祇園の風情がたまらない。

四条通りから花見小路を下がると、よく知られたイメージの祇園の街並みが続く。建仁寺の手前左側が甲部歌舞練場だ。閉演後は近くの馴染(なじ)みのお茶屋へ。しばらくすれば「どうどした?」と、さっきまで舞台に立っていた芸妓や舞妓がご機嫌伺い。

春秋座は京都市左京区の京都造形芸術大学の中にある。風光明媚(めいび)な白川通沿い、セリや花道などを備えた歌舞伎のできる本格劇場だ。気になるのは花街から少し離れていること。「都をどり」前後の街の雰囲気は、どう変わるか。

新鋭の舞台設備を生かした演出で、新しい「都をどり」を披露したいと主催者は意気込んでいるとか。そうだ、伝統と革新の融合は京都の十八番(おはこ)だった。そう考えると新しいをどりに別の興味が湧く。皆さんにも、ぜひ観覧をお勧めしたい。

(2017/2/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる