INDUSTRIAL TRENDS AD

[ その他 ]

nano tech大賞に日本ゼオン

(2017/2/17 05:00)

nano tech実行委員会(川合知二委員長=大阪大学特任教授)は16日、nano tech大賞2017の審査会を開き、「nano tech大賞」に日本ゼオンを選んだ。単層カーボンナノチューブの量産化技術が評価された。日刊工業新聞社賞には、ストローブ(横浜市緑区)を選んだ。

同賞は東京・有明の東京ビッグサイトで17日まで開かれる「第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展している476社(国内286、海外190社)の中から、優れた技術・製品を展示・公開した企業・団体を選定した。17日14時15分から会場内のメインシアターで表彰式を開く。

各部門賞は次の通り。

▽ライフナノテクノロジー賞=ニチレイ▽グリーンナノテクノロジー賞=旭化成▽独創賞=京都市産業技術研究所▽新人賞=ツクモ工学(埼玉県狭山市)▽功績賞=ファナック▽産学連携賞=東京大学大越研究室・DOWAエレクトロニクス・岩谷産業▽ビジネスマッチング賞=OMEテクノロジー(台湾)▽プロジェクト賞・ライフ部門=産業技術総合研究所▽同・グリーン部門=新エネルギー・産業技術総合開発機構▽特別賞=オランダ・ハイテク・パビリオン

(2017/2/17 05:00)

関連リンク

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン