[ 医療・健康・食品 ]

がん細胞、近赤外光で発光-電通大が生きたブタで可視化に成功

(2017/2/20 05:00)

電気通信大学大学院情報理工学研究科の牧昌次郎助教らは、ミニブタに移植したがん細胞をブタが生きたまま可視化することに成功した。開発した長波長の近赤外光で発光する化学物質で可能になった。マウスなどの小型動物と異なり、中大型動物の発光イメージングは技術的に難しかった。

生体内でがん細胞を観察でき、薬剤の効果や進行度などの研究の進展に貢献できる。またブタに移植用の臓器を作らせる再生医療にも応用可能だ。

東京工業大学、静岡県畜産技術研究所、黒金化成(名古屋市中区)、ベルトールドジャパン(東京都台東区)、中田動物病院(横浜市青葉区)の協力で行った。

生きた動物の臓器や機能を観察する発光イメージングは、ホタルの発光などに関わる酸化すると発光する物質「ルシフェリン」を応用する。しかし、これまで生体の深部まで可視化して観察するのは難しかった。

研究グループはより長波長の近赤外光で発光するルシフェリン...

(残り:206文字/本文:606文字)

(2017/2/20 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる