[ 機械 ]

大野精機、六角生爪でワーク固定する新型治具投入

(2017/3/2 05:00)

  • 加工対象物をつかむデモ

大野精機(東京都大田区、大野義栄社長、03・3761・5092)は、汎用旋盤などを使う際に加工対象物(ワーク)を固定する新型治具「カメチャック」を開発した。ワークをつかんで固定する部分である生爪を六角形にし、加工して使える部分を増やした。ランニングコストを削減できるほか、保管スペースの節約が可能になる。現在、特許出願中。10月の製品化を目指す。

通常の生爪は長方形で、四つの角を、固定するワークに合わせて成形して使う。六角形のカメチャックは成形して使える角が6カ所に増える。

生爪一つ当たりの消費寿命を延ばせるため、ランニングコストを3分の2に抑えられるという。

また、加工現場において生爪は消耗品で、常に一定量をストックする必要がある。一つで使える部分を増やせば、保管スペースの節約にもつながる。

素材は鉄、ステンレス、アルミの3種類を用意。アルミは柔らかく、成形しやすい。成形スピードも速く、ワークに傷もつきにくい。

また、付け替えもボルトを外して付け直すだけで簡単だ。

治具を開発した大野和明製造技術責任者は「フライスやマシニングセンター(MC)など丸物をスクロールチャックでつかむのであればどこでも使える。さまざまな場面で活用してほしい」と話している。

大野精機は丸物金属の加工が主力。加工を手がける際、不便に感じた点を解消する製品を開発し、段取りの向上に挑んでいる。この一環で生まれたカメチャックほか、旋盤使用時にワークの高さ調整が不要になる「ゴリラホルダー」などを販売している。

(2017/3/2 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン