[ ロボット ]

立ち仕事の幅広げる、歩行支援ロボ−鳥取大とテムザック技研が開発

(2017/3/7 05:00)

  • 歩行困難者の就労の幅拡大が期待される(『ロデム トリ』)

テムザック技術研究所(鳥取県米子市、檜山康明社長、0859・30・4275)は鳥取大学と共同で、立って行う作業を支援するロボット「ロデム トリ」の開発にめどをつけた。同ロボットの最終試作機と位置付ける新型機が完成し、今春から臨床試験を始める。2017年度中にも製品化する予定で、価格は200万―300万円程度を見込む。主に障害者を雇用する企業や店舗などを中心に提案していく。

「ロデム トリ」は、歩行が困難な人の脚に装着し、歩くのを助ける。新型機は、リチウムイオンバッテリーを改良した。1回当たり約3―4時間の充電で、5―6時間程度の連続稼働に対応した。従来機は2時間ほどの連続稼働だった。

車いすで職場に出社し、「ロデム トリ」に乗り換えて就労することを想定する。これまでの車いすと異なり、前方へ乗車する方法により、ベッドや車いすから体を回転することなく、機器に移乗することが可能だ。

着座するシートの昇降機能により、移動時は従来の車いすの目線に比べて高くなり、健常者との距離感が近くなる。シートの状態を変化させ、立ち仕事が行える。同ロボットの導入により、従来のデスクワークに加えて、図書館やアパレルショップ、学校の教室など、「職場の人と同じ目線で働く、就労の幅を広げる」(檜山社長)ことが期待できる。

(2017/3/7 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン