[ 化学・金属・繊維 ]

AGCセラ、1600度C対応の3Dプリンター用鋳型材料

(2017/3/9 05:00)

旭硝子子会社のAGCセラミックス(東京都港区、島尾明伸社長、03・5442・9172)は8日、1600度Cを超える高温でも高い寸法精度と造形強度をもつ3Dプリンター用の鋳型材料を、小松鋳型製作所(石川県小松市)と共同開発したと発表した。長年蓄積してきたセラミックス製造技術・ノウハウを使い、主原料の人工砂を高温に耐えられるように改良し、3Dプリンターでも使えるようにした。

これまで3Dプリンターでは困難だった高温溶解を必要とするステンレス鋼などの精密鋳造が可能になる。再生可能な人工砂を原料にしており、砂は再利用して廃棄物削減に寄与できる。

AGCセラミックスが「Brightorb(ブライトーブ、写真)」の名称で4月に発売する。また、販促の一環でJBサービス(東京都新宿区)と業務提携する。同社が販売する3Dプリンターにブライトーブが搭載される。同社が3Dプリンターの初期設定や保守を、AGCセラが鋳型造形の技術支援を担当し、販促につなげる。

(2017/3/9 05:00)

関連リンク

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン