[ 自動車・輸送機 ]

挑戦する企業/富士重工業(1)SUBARU―世界ブランドへ−“唯一無二”へ決意

(2017/3/14 05:00)

4月1日。富士重工業は社名を「SUBARU」(スバル)に変える。社名とブランド名の統一は、スバルブランドを磨き上げ、世界で唯一無二の車メーカーとして生き残るための強い決意の表れだ。自動運転やカーシェアリングの台頭など自動車業界は転換期を迎える。富士重は世界市場で個性を生かした戦いに挑む。

【満面の笑み】

「しびれるくらいいい車」。7日開幕したスイス・ジュネーブ国際モーターショー。新型スポーツ多目的車(SUV)「スバルXV」の完成度に社長の吉永泰之は満面の笑みを浮かべていた。「安全性でナンバーワンを目指す」。多くの来場者を前に吉永は力強く語った。

自動車の世界シェアはわずか1%。規模は小さいけれど強い会社。富士重にはこんな企業イメージが定着してきた。「うちもスバルさんみたいに個性を伸ばして勝ち抜きたい」。ある中堅車載機器メーカー幹部は、富士重をモデルに自分たちの強みは何かを模索して...

(残り:843文字/本文:1,243文字)

(2017/3/14 05:00)

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン