[ その他 ]

発明大賞、バイオクロマト表彰−揮発性物質の濃縮装置

(2017/3/14 05:00)

  • 発明大賞本賞を受賞する木下バイオクロマト社長(左)

日本発明振興協会(東京都渋谷区、原昭邦会長、03・3464・6991)は13日、日刊工業新聞社と共催で「第42回(2016年度)発明大賞」の表彰式を、東京都港区の明治記念館で行った。発明大賞本賞を受賞したバイオクロマト(神奈川県藤沢市、木下一真社長、0466・23・8382)をはじめ計24件を表彰した。

バイオクロマトは、らせん状回転流を利用した揮発性物質の濃縮装置を開発した。容器と栓にらせん状の溝を付け、液体を効率的に濃縮できる。木下社長は「さらに付加価値のあるモデルなどを販売し、研究現場を少しでも効率化できるように尽力していく」と喜びを語った。

同協会の原会長は「受賞を機に次の目標にチャレンジしてほしい」とたたえた。同賞は発明により産業の発展や国民生活の向上に寄与した中堅・中小企業、個人などに贈られる。

(2017/3/14 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2022/08/08

    8/8(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝5時の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン