INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

超小型衛星が拓く・宇宙開発(8)首都大東京−二つのブラックホール探査

(2017/3/17 05:00)

  • オービスのイメージ図(首都大東京提供)

物質や電磁波を激しく放出する銀河の中心には、二つのブラックホールが対になった「バイナリーブラックホール」(BBH)があると考えられている。

首都大学東京システムデザイン学部の佐原宏典教授らは、BBHを探査する超小型衛星「ORBIS」(オービス)のプロジェクトを進める。BBHが放出するX線を検出できれば、BBHの質量や動く軌道の半径を推定できる。佐原教授は「銀河の成長を解明する手がかりになるのではないか」と期待する。機体の完成は2018年3月の予定だ。

BBHの探査を目的としたミッションは初めて。ミッションではBBHからのX線を観察するため、同じ方向に検出器を向け続ける必要がある。このため、一つのミッションに特化した超小型衛星を用意し、BBHの観測を可能にした。大型観測衛星では複数のミッションを相乗りさせるのが普通のため、BBHだけを調べることが難しかった。

衛星の大きさは50センチメートル角の立方体で質量は50キログラム。単結晶シリコンで作製したミラーでX線を集光できる検出器を搭載する。熱によるノイズを減らし、X線の小さな信号を逃さないため、衛星内部ではX線検出器のみがマイナス90度Cになるように設計した。

開発による知見はBBHの観測だけにとどまらない。佐原教授は「新天体探査など従来できなかった観測に超小型衛星がどんどん活用できるのではないか」と期待する。

(冨井哲雄)

(金曜日に掲載)

(2017/3/17 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン