[ 環境・エネルギー ]

未払いは「事実無根」−川重、開発プロでの契約代金で豪企業に反論

(2017/3/21 05:00)

【シドニー=時事】豪州北部で進行中の「イクシス」液化天然ガス(LNG)開発プロジェクトをめぐり、川崎重工業は20日までに、英建設会社レイン・オルークが「川重から契約代金を受け取っていない」との主張は事実無根と反論し、法的措置も辞さない構えを見せた。具体的な対立点は明らかになっていないが、契約の解釈をめぐって見解の相違が生じている可能性がある。

両社が対立しているのは、川重が請け負っている超低温貯蔵タンク建設案件。レイン・オルークはコンソーシアム(企業連合)に参加し、建設に当たってきた。ところが先週、豪メディアによると、川重から2億5000万豪ドルに上る契約代金が未払いになっていると主張。作業継続が困難になったとして、作業員約800人の解雇に踏み切った。

川重は声明で、「契約に基づく代金は全額、レイン・オルークに支払った」と強調。また、「対立点の解消に向け、何度も交渉したが、双方が満足する解決策には至らなかった」と指摘した。今後、法的措置も含め必要な措置を講じる用意があるという。

イクシスの元請け業者JKCオーストラリアLNGは「超低温貯蔵タンクの設計、調達、建設の進捗(しんちょく)率は約91%に達している」と説明。契約をめぐる対立が近く解消されることに期待を示した。

(2017/3/21 05:00)

関連リンク

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン