[ 科学技術・大学 ]

ドローン撮影、電波エリア外で完全秘匿中継−情通機構などが開発

(2017/3/23 05:00)

情報通信研究機構の佐々木雅英主管研究員らは22日、プロドローン(名古屋市中区)と共同で、飛行ロボット(ドローン)同士を連携し、動画データを秘匿しながら電波が直接届かない場所まで中継する技術を開発したと発表した。撮影したドローンの動画データを、真性乱数を用いた「ワンタイムパッド暗号」(1回ごとに使い捨てる暗号化方式)で完全に秘匿する。ドローンを使った屋内外の施設の監視などに活用できる。

ドローンが撮影した動画データを、無線局免許が不要な市販のWi―Fi機器を使い、中継ドローンを介して秘匿化したまま伝送する技術を開発した。データの欠損を素早く検知し、鍵を効率良く同期するフレーム構造を考案。ワンタイムパッド暗号で完全な秘匿データ中継を実現し、屋内外の実験により性能を実証した。

ドローン通信はデータが頻繁に欠損することがあるが、開発技術により、カメラ映像を低遅延かつ安全に中継伝送できるようになった。電波が直接届かない地上局にも安価で安全なデータ中継を実現できることから、重要施設の監視などの用途が開ける。ドローンを複数用いれば、より広域に秘匿性の高いネットワークを高速に構築できるようになる。

内閣府の「革新的研究開発推進プログラム」(ImPACT)の山本喜久プログラム・マネージャーの研究プロジェクトの一環として開発した。

(2017/3/23 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる