[ 商社・流通・サービス ]

JR東海、設備投資4570億円 来年度に最大規模

(2017/3/24 05:00)

JR東海は23日、2017年度の設備投資計画を発表した。リニア中央新幹線(写真)の建設や東海道新幹線の安全対策などを中心に、前年度比8・0%増の4570億円を投じる。リニア中央新幹線の建設や東海道新幹線の土木構造物の大規模改修工事などにより、設備投資額は87年のJR東海発足以来、最大規模となる。

リニア中央新幹線関連では南アルプストンネルや品川駅、名古屋駅を中心に沿線で準備が整ったところから、トンネルの掘削工事や地中連続壁工事などに本格的に着手する。リニア中央新幹線建設関連の設備投資額は1590億円となる。超電導リニア技術の開発による営業線建設、運営・メンテナンスコスト低減にも50億円を投じる。

安全・安定輸送の確保では、東海道新幹線・在来線合わせて1430億円を投資する。東海道新幹線は大規模改修に370億円を投じるほか、地震などに備えた脱線防止ガードの敷設を進める。

輸送サービスを充実するため最新車両「N700A」の投入などにも470億円を投資する。柘植康英社長は「未来に向けて新たなスタートを切る年にしたい」と述べた。

(2017/3/24 05:00)

関連リンク

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる