[ 地域経済 ]

北海道中小8社など、釧路で寒冷地仕様EV試走−観光活用PR

(2017/3/27 05:00)

  • 釧路市役所でEVの試験走行を実施

【札幌】北海道の中小企業8社と中小企業基盤整備機構北海道本部は、開発した寒冷地仕様の電気自動車(EV)「ネイクルTYPE―Y」の試験走行を北海道釧路市内で実施した。釧路市は阿寒湖温泉街での観光客の移動などでEVの利活用を検討している。中小機構北海道本部などは地域活性化につながる乗り物として訴求する考え。

中小機構北海道本部は釧路オフィスを介してEVを釧路市に紹介し、釧路市役所や阿寒湖畔スポーツ広場で実際に走行する様子などを関係者らに披露した。同市の叶田近永(かなだちかひさ)産業振興部次長は「市内の観光地などで活用できる可能性がある」と話す。同市が導入する際には、要望に対応してEVの改良などにも取り組む。

ネイクルTYPE―Yは、2016年に札幌市内で開催した札幌モーターショーに出展した試作車を改良した。車体に特殊なコーティングを施したウレタン材を採用するなど、寒冷地仕様としての機能を高めた。6時間程度の充電で、約25キロメートルの走行が可能とみている。

EVの展開ではリース会社との交渉も進めており、自治体向けなどにモデル的に18年春にも販売を予定するほか、19年の一般発売も目指す。

北海道内では釧路市のほか、胆振総合振興局もEVに関心を示しているという。広くPRするため、7月20日に札幌市内で開催する「北洋銀行ものづくりテクノフェア2017」にも出展する予定だ。

(2017/3/27 05:00)

関連リンク

地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン