[ 政治・経済 ]

経産省、車からの映像など「分析」データを保護−IoT社会想定

(2017/3/30 05:00)

経済産業省は29日、IoT(モノのインターネット)社会を想定し、データの保護制度について整理した。自動車からの映像データや工作機械内部の音データなどの分析により、運用効率の改善や故障の予兆検知といったサービスが生まれつつある。これら映像や音のデータに対し、「視聴」だけでなく「分析」に使うデータも保護対象にする。2017年度内に不正競争防止法の改正を目指し、企業が安心してデータを利用する環境を整備する。産業構造審議会(経産相の諮問機関)の知的財産分科会が中間とりまとめ案を提出した。

映像や音、図形といったデータの暗号化技術などについて、「分析」という用途を保護対象とする。こうした暗号化技術を無効化するサービスの提供は「不正競争行為」となる。データの分析方法自体も不正競争防止法の対象とし、分析手法を不正に利用した者に「差止請求権」を行使できるようにする。刑事措置のあり方はさらに検討する。

現在の不正競争防止法は、視聴用の映像や加工ノウハウなどを主な対象としてきた。IoTや人工知能(AI)などにより、車両走行データを分析して災害時の情報提供や車両故障の予兆判断などに生かす例が増えると見込まれる。そのため、産業界はデータの保護対象の明確化を求めていた。

(2017/3/30 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン