[ ロボット ]

速度に応じて走り方を変える四脚ロボ、東北大が開発

(2017/3/31 05:00)

  • 単純なアルゴリズムで4種類の走り方を生成(東北大提供)

東北大学電気通信研究所の石黒章夫教授と大脇大助教らは、走行速度に応じて走り方を変える4脚ロボットを開発した。低速では「ウォーク」、中速では対角脚が同期する「トロット」、高速では前足同士や後ろ脚同士が同期する「ギャロップ」など、自発的に足並みを生成する。アルゴリズムの計算負荷が小さく、飼い主の歩行速度に応じて移動するロボットの開発につながるという。

リンク機構で4本の脚が駆動するロボットを作製した。脚にかかる負荷に応じて脚先の速度を調整する。荷重がかかっている脚は体を支え続け、荷重がなくなれば脚先を地面から浮かせる。単純なアルゴリズムで4種類の走り方を生成できた。この走り方は馬などの四脚動物と一致した。

アルゴリズムの計算負荷が小さいため、幅広い脚型ロボに展開しやすい。

(2017/3/31 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン