[ ロボット ]

テラドローン、固定翼ドローン開発−レーザー測量に利用

(2017/4/7 05:00)

テラドローン(東京都渋谷区、徳重徹社長、03・6419・7193)は、航空機の形をした固定翼型の飛行ロボット(ドローン、写真)を開発した。月内にもレーザー測量で利用を始める。10キログラムの荷物を運べるため従来機より短時間で広範囲を高精度測量できるレーザー測量機を搭載できる。国内ではまず3台を稼働する。

新しい固定翼型ドローン「テラパワーリフター」は、固定翼部分がカイト(凧)の羽状になっており、慣性飛行を使うことで蓄電池の消費を抑えられる。飛行時間はレーザー測量機を積んで約2時間。上空200メートルからの計測が可能となる。

同社はマルチコプター型や、英クエストUAV製固定翼型ドローンを採用している。それぞれの特徴を生かしてドローンを使い分け、ユーザーニーズに合ったサービスを提供する。

今回の固定翼型ドローンは、10―20分しか連続飛行できないマルチコプターより長時間飛行できる。飛行速度も速く、1日に約200万平方メートルを計測できるという。

(2017/4/7 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン