[ ロボット ]

自動運転の公道実験、許可制に−事前に警察が走行審査

(2017/4/14 05:00)

国内外の自動車メーカーが開発を競う「自動運転車」の実用化に向け、制度面を検討している警察庁は13日、ドライバーが乗車せず遠隔制御で走行する無人運転車の公道実証実験について「許可制」とし、事前に警察官が走行審査を行うなどの許可基準案をまとめ公表した。

現行の道交法はドライバーの乗車を前提としており、実用段階では改正が必要となるが、実験段階は道路使用許可によって可能とするルールを定めた。基準案について一般から意見を募った上で、都道府県の各公安委員会規則を改正。今夏にも各地の警察で許可申請を受け付ける見通し。

新たな道路使用許可の基準案では、警察の運転免許試験官らが実験車両に乗車して、ブレーキやアクセルなどの遠隔制御が可能かなどを審査する。保安基準に適合した車両を使い、一般の交通の妨げとならない場所で行い、通信に異常が確認された場合に自動で安全停止できることなどが許可の条件。

(2017/4/14 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる