[ オピニオン ]

産業春秋/偉大なる発明家「田中久重」

(2017/4/18 05:00)

自動織機を完成した豊田佐吉、真珠の養殖に成功した御木本幸吉、世界で初めてビタミンを抽出した鈴木梅太郎…。特許制度公布百周年を記念して特許庁が1985年に選定した「十大発明家」である。

ただ、10人の中に「からくり儀右衛門」と呼ばれた田中久重の名前がない。制度が始まる前の幕末から明治初期にかけて活躍したため、対象外となったのだろう。

十代からからくり人形の仕掛けを次々と考案し、中でも現存する「弓曳童子」は最高傑作といわれる。矢台に置かれた4本の矢を人形が順番に手に取り、連射する。4回のうち1回は的を外すよう細工され、能面効果で矢が的に当たった時には満足げ、外れた時は悔しげな表情を浮かべるように見えるという。

田中は「懐中燭台」「無尽灯」「万年時計」などを製作し、日本初の蒸気機関車の模型や蒸気船建造を手がけた。1875年(明8)には東芝の源流となる電信機メーカーを設立した。東芝の創業者は偉大な発明家でもあった。

4月18日は「発明の日」。今週は科学技術週間でもあり、各地でさまざまなイベントが開かれる。資源の乏しい日本は知的財産の活用が極めて重要だ。少しでも発明や知財に触れるため出かけようか。

(2017/4/18 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン