[ 科学技術・大学 ]

スマホ操作、立体キャラを触って入力−東大が着せ替えカバー型デバイス(動画あり)

(2017/4/19 05:00)

(東京大学提供)
  • 顔面フィギュアのほっぺを摘まんで、嫌な顔文字を入力するイメージ(東大提供)

東京大学大学院情報理工学系研究科の渡辺義浩講師と石川正俊教授らは、スマートフォンに取り付けたキャラクターを摘まんだり、引っ張ったりして入力操作するスマホケース「センスケース」を開発した。スマホのカメラでキャラクターの変形を計測する。「ほっぺを摘まむ」「握手する」などスマホを擬人化しながら操作できる。スマホ周辺機器メーカーやアプリケーションソフト開発会社に提案。2―3年での実用化を目指す。

スマホのケースを自分の好みに着せ替えるように、スマホをキャラクター化し、操作方法も自分の好みに変更できるようにする。スマホケースにぬいぐるみや人の顔などの人形をつけ、人形に触ることでスマホを操作する。

例えば電話に出るときは顔の口をとがらせ、電話を断るときは耳をふさぐなど、ユニークな操作ができる。

スマホ人形の変形はカメラで計測する。人形の内側に透明ゲルと黒色ゲルを混合し、マーブル模様のパターンを作る。人形を動かすとパターンも変形するため、パターンと人形の動きの対応を機械学習で識別する。クマの人形では「耳を摘まむ」「頭を倒す」など、顔面では「顎を押す」「ほっぺを摘まむ」「額を押す」などを識別できた。識別精度は95―98%だった。

機械学習で識別するため人形の形を自由に設計でき、操作方法も好きに登録できる。人形は真空注型で製造でき量産に向く。3D樹脂プリンターで作製すれば、ユーザーごとに一点物ができる。現在は人形がカメラの上にある必要があるが、スマホ全体を覆うケースで入力できるよう開発を進める。

(2017/4/19 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン