[ 政治・経済 ]

「早期に日米貿易協定を」−米国食肉輸出連合会セング会長

(2017/4/19 05:00)

米国食肉輸出連合会のフィリップ・セング会長(写真)は18日、都内で会見し、日本と米国の2国間の貿易協定について「可及的すみやかに交渉されることを望む」と語った。米国産豚肉の対日輸出については1971年、牛肉は88年の合意に基づく制度が続いているとした上で、「早急に見直しが必要だ」と述べた。

米国が環太平洋連携協定(TPP)離脱を表明後、米国抜きのTPPを推進する動きがあることには「豪州は日本との2国間協定よりもTPPで一段と食肉の関税を引き下げることに成功した」と発言。米国がTPPに参加できないことは「残念で(豪州との競争において)難しい状況に直面することになる」と語った。

日本国内の消費環境については、直近にイオンが大規模な品目で値下げを発表した例を挙げ「食肉の輸入関税が下がれば店頭価格が下がり、消費者はもっと消費するようになる」との考えを示した。また同日発表した17年の対日輸出目標は、牛肉が前年比12%増の26万7439トン、豚肉が同3%増の36万5031トンを掲げた。

(2017/4/19 05:00)

関連リンク

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる